Friday, November 25, 2016

五月天, 如果我們不曾相遇, Mayday, What If We Had Never Met, 日文, 日本語, Japanese Meanings

この前、台湾において、『君の名は』の宣伝曲として使われた曲をご紹介致しました。
これは、台湾の大人気バンド五月天Maydayの曲である [ 好好(想把你寫成一首歌) Song About You] です。前前前世の曲風と違って、少し切ない曲になっていますけど、それにしても、いい曲だと思いますので、歌詞を和訳にしてみました。

もし、この曲の歌詞の和訳に興味がある場合、下記のブログへアクセスしてください:

http://funfunsharetime.blogspot.jp/2016/10/mayday-song-about-you-japanese-meanings.html

今回は、Maydayの曲を再びご紹介致します。
台湾人の中で、この曲は、もっと「君の名は」に似合う曲であると思っている人も少なくないようです。この曲は、
Mayday五月天 [ 如果我們不曾相遇What If We Had Never Met ] です。

If you are interested in the translated English meanings of this song, please refer to the following:
http://funfunsharetime.blogspot.jp/2016/11/mayday-what-if-we-had-never-met-kimi-no.html

Official Music Video:
https://www.youtube.com/watch?v=eZMH6Mo0f9A







【和訳】

もしも私たちが出会わなければ、私はどこにいるのでしょうか。
もしも私たちが知り合えなければ、この曲はないでしょう

毎秒生きている 毎秒死んでいる 毎秒自分に問いかけている
誰もが何かを探してみたことがあるでしょう
誰もが何かを疑ってみたことがあるでしょう
壮大な人生はどこへ向かっているのでしょうか

あの日 あの瞬間 あの場所 私の命にあなたが現れました
それ以来、私の人生が再定義され、私の物語が蘇りました

もしも私たちが出会わなければ、あなたはどこにいるのでしょうか。
もしも私たちが知り合えなければ、世界がどのように動くのでしょうか。

日焼けた皮膚が剥けて 予想外の雪 あなたと互いに依存する四季
青い犬も白い雲も、あなたのそばにいれば、速すぎる輪廻でも怖くない!

あの日 あの瞬間 あの場所 私の命にあなたが現れました
毎分、毎秒、すべての表情、この物語にはサプライズが溢れていました

「偶然にばったりと出会って、誰かの心が動き始めた」
「数千人の後継者が広い砂漠に唯一の菩提を追いかけている」
「肩を並べて知り合うのか、肩を離れて過ぎ去るのか、
運命の出会いが危険な旗のように」
「無数の時間線、無尽の可能性、やっとあなたを織り交ぜることができた」

あの日 あの瞬間 あの場所 私の命にあなたが現れました
未知の未来が不確実だけど、今は、あなたと一緒にいることができます

ある日、ある瞬間、ある呼吸で私たちは再度離れます
ただし、私の自叙伝では、あなたがいたことを刻んでいます
悔しい言葉が全くなく、すべてが感激する言葉です

もしも私たちが出会わなければ、私はどこにいるのでしょうか。
もしも私たちが知り合えなければ、この曲はないでしょう

===============================================================

Hope that you have enjoyed my translated English meanings as well (o^^o)
In addition to this song, I have also translated the meanings/ lyrics of some other Japanese songs as well. If you are interested, please check them as well.

Thanks for reading.^^ See you~~~


Since I am not a professional translator and I just try to translate the lyrics on an interest base.
Therefore, please be noted that I may get some meanings/ lyrics translated wrong due to personal subjectivity. Sorry for that and hope that you have enjoyed my blog.